カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

桐たんすリメイクと再生のお見積り・輸送費の無料地域

東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・茨城県 (南西部)

フリーダイヤル  0120-68-1888
        【営業時間 10:00~18:00】


メールで問い合わせ
shopmaster@soma-reform.com

リフォーム・塗り直しのお勧め

蔵 桐工房トップページへ

リフォーム塗り直しのお勧め

近年、50年~100年ほど前の家具のリメイク等のお問合せが多いのですが、その頃の家具は現在と違い、輸入材料はなく、日本国内の材料を使い良質だったことです。

桐タンスですが、現在は輸入桐材が多く輸入され、日本国内で生産されている桐タンスも外国からの輸入桐材を使用しているタンスが多く見受けられます。
勿論、国内産の桐材100%を使用しているタンスも多くありますが、価格が高価になってしまいますので、部分的に外国産の桐材を使い値段を抑えてあるタンスが多いです。
家具・木工・材木関係のお仕事(知識のある)をされている方、以前に携わっていた方が見れば、この部分は国産、この部分は外国産と判りますが、ほとんど多くの方は、見て違いが判らないと思いますが・・・。
また、茶タンス、座卓、飾り棚をはじめ民芸家具にしても、代表的な欅(ケヤキ)材や桜材など、今では高価な国内産材料を使って製作されています。今では殆どが外国産の材料ですが、当時の家具は材料が良い物が多く、家具職人の手の込んだ作りの家具が多いのが特徴です。 近代では、手の込んだ家具を作ると時間が掛かりすぎて高価になるので、機械を使った量産の物が多くなりました。

ページトップへ